安倍政権 365日の激闘 ブックライブ 電子書籍 無料 作品


BookLive「ブックライブ」の安倍政権 365日の激闘無料試し読みコーナー


アベノミクス、消費増税、対中外交……、決断の裏側で何が起こっていたのか!?主要メディアが伝えないインサイドレポート。第1次政権時の安倍首相は自ら旗振り役となって突き進んだ。だが、現在の安倍氏は常に最終判定者であることを心掛けている。そのためには、菅官房長官と麻生副総理兼財務相の2人のお膳立てが不可欠である。主要政策すべての判断の際、この二等辺三角形の役割分担が機能して、成功してきた。アベノミクス(安倍政権の経済政策)の「3本の矢」策定、黒田東彦日本銀行総裁人事(異次元の金融緩和)、価値観外交による中国包囲網確立とエネルギー資源外交による中東・アフリカ歴訪、国際オリンピック委員会(IOC)総会での2020年五輪の東京招致成功、消費税率8%への引き上げ(復興特別法人税廃止前倒し)表明、減反決定など農業改革と薬認可自由化など医療改革(岩盤規制改革)――。このような決断で安倍首相は最終判定者であり続けた。これが、今の安倍スタイルなのだ。(本書「序文」より)【主な内容】●なぜ、安倍1強時代が生まれたのか●外交分野のお手本は祖父・岸信介元首相の「自主外交」か●アベノミクスが引き起こす財務省の地殻変動●安倍・金正恩会談の布石か!?~飯島勲内閣官房参与の北朝鮮訪問が意味するものとは●特定秘密保護法案を参院に送った安倍政権には中国の防空識別圏設定は“使える”道具に過ぎなかった!
続きはコチラ



安倍政権 365日の激闘無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪

安倍政権 365日の激闘

「公式」はコチラから



安倍政権 365日の激闘


>>>安倍政権 365日の激闘の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)安倍政権 365日の激闘の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は安倍政権 365日の激闘を取り揃えています。安倍政権 365日の激闘BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると安倍政権 365日の激闘は1296円で購入することができて、安倍政権 365日の激闘を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで安倍政権 365日の激闘を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)安倍政権 365日の激闘を勧める理由


手軽にDLして読み進めることができるというのが、無料電子書籍のウリです。店頭まで足を運ぶ必要も、オンラインで注文した本を配送してもらう必要も全くないのです。
コミックの売り上げは、ここ何年も低下している状況です。以前と同じようなマーケティングにこだわることなく、直接的には利益にならない無料漫画などを提供することで、新規利用者数の増大を目論んでいるのです。
スマホ所有者なら、BookLive「安倍政権 365日の激闘」を簡単に閲覧することができます。ベッドで横になりながら、目を閉じて眠るまでのリラックスタイムに楽しむという人が多いと聞きます。
人がいるところでは、どんな内容か確認するのも後ろめたさを感じるような種類の漫画でも、無料漫画コンテンツを提供している電子書籍の場合は、面白いかをしっかりと理解した上で買うかどうかを決めることができるというわけです。
「持っている漫画が多すぎて置き場所がないから、買うのを躊躇ってしまう」という状況にならずに済むのが、BookLive「安倍政権 365日の激闘」の人気の秘密です。どんなに数多く買い入れても、保管場所を検討する必要はありません。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





安倍政権 365日の激闘の詳細
                   
作品名 安倍政権 365日の激闘
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
安倍政権 365日の激闘ジャンル 本・雑誌・コミック
安倍政権 365日の激闘詳細 安倍政権 365日の激闘(コチラクリック)
安倍政権 365日の激闘価格(税込) 1296円
獲得Tポイント 安倍政権 365日の激闘(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)