開戦、東條英機が泣いた―昭和史の大河を往く〈第2集〉 ブックライブ 電子書籍 無料 作品


BookLive「ブックライブ」の開戦、東條英機が泣いた―昭和史の大河を往く〈第2集〉無料試し読みコーナー


日米開戦前夜、官邸の一室で東條首相が独り泣いていた―昭和史を縦断する国会と官邸の権力闘争。その渦中、あの東條すら打ち震えた!!渾身の取材で掘り起こした衝撃の秘話。 <目次>国会が死んだ日浜田国松の“ハラキリ問答”軍部大臣現役武官制という“魔物”陸軍の二度目のクーデター、議会解体斎藤隆夫の“反軍演説”斎藤隆夫を見捨てる議員たち斎藤隆夫“除名”と政党政治の終焉“憲政の神様”尾崎行雄の抵抗“神様”が不敬罪に翼賛選挙と東京初空襲尾崎行雄の法廷闘争首相官邸の主人たち開戦前夜、東條首相は官邸で独り泣いていた佐藤首相と官邸前で焼身自殺した老人の戦い佐藤首相の政治的野心と市井の老人の諫言五・一五事件──女性たちの証言テロリストを英雄視してしまった時代二・二六事件──軍靴に蹂躙された官邸と日本政治真珠湾攻撃当日、官邸での小宴終戦の日──鈴木首相の心情〈戦後〉の原点──東久邇首相の発言を見直す「直接、国民の声を」──東久邇内閣の50日吉田と鳩山の総理の椅子を懸けた闘い自衛隊出動寸前──岸首相と六〇年安保国民の欲望の肥大化が生み出した“今太閤”──田中政権の終焉あとがきにかえて──国会と官邸の一角に立ち考えたこと
続きはコチラ



開戦、東條英機が泣いた―昭和史の大河を往く〈第2集〉無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪

開戦、東條英機が泣いた―昭和史の大河を往く〈第2集〉

「公式」はコチラから



開戦、東條英機が泣いた―昭和史の大河を往く〈第2集〉


>>>開戦、東條英機が泣いた―昭和史の大河を往く〈第2集〉の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)開戦、東條英機が泣いた―昭和史の大河を往く〈第2集〉の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は開戦、東條英機が泣いた―昭和史の大河を往く〈第2集〉を取り揃えています。開戦、東條英機が泣いた―昭和史の大河を往く〈第2集〉BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると開戦、東條英機が泣いた―昭和史の大河を往く〈第2集〉は864円で購入することができて、開戦、東條英機が泣いた―昭和史の大河を往く〈第2集〉を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで開戦、東條英機が泣いた―昭和史の大河を往く〈第2集〉を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)開戦、東條英機が泣いた―昭和史の大河を往く〈第2集〉を勧める理由


各種サービスに打ち勝って、ここ数年無料電子書籍という形が拡大している理由としては、地域密着型の本屋が減る一方であるということが想定されます。
スマホ上で見る電子書籍は、ご存知の通り文字のサイズを変更することが可能となっていますから、老眼の為に読書を諦めていた高齢者でも難なく読むことができるという特長があるというわけです。
本を通信販売で買う場合は、ほとんどタイトルなどに加えて、さらっとした内容しか確認できません。それに比べBookLive「開戦、東條英機が泣いた―昭和史の大河を往く〈第2集〉」でしたら、かなりの部分を試し読みすることができるようになっているのです。
お店で売っていないようなちょっと前に発売された漫画も、電子書籍なら販売しています。無料コミックの中には、中高年層が幼い頃に満喫した漫画が含まれています。
コミックサイトは沢山あります。それらのサイトをきっちりと比較して、自分の考えに合っているものを絞り込むことが必要です。そうすれば失敗したということがなくなります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





開戦、東條英機が泣いた―昭和史の大河を往く〈第2集〉の詳細
                   
作品名 開戦、東條英機が泣いた―昭和史の大河を往く〈第2集〉
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
開戦、東條英機が泣いた―昭和史の大河を往く〈第2集〉ジャンル 本・雑誌・コミック
開戦、東條英機が泣いた―昭和史の大河を往く〈第2集〉詳細 開戦、東條英機が泣いた―昭和史の大河を往く〈第2集〉(コチラクリック)
開戦、東條英機が泣いた―昭和史の大河を往く〈第2集〉価格(税込) 864円
獲得Tポイント 開戦、東條英機が泣いた―昭和史の大河を往く〈第2集〉(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)