危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10) ブックライブ 電子書籍 無料 作品


BookLive「ブックライブ」の危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)無料試し読みコーナー


中国の成長神話を脅かす不安要因とは?下方修正される成長率、金融不安を引き起こす「影の銀行」――。借金漬けのまま低成長を迎えた中国経済は、すでに「危険水域」に入った!*この電子書籍は、「ニューズウィーク日本版2013年7月2日号」に掲載した特集などから記事を抜粋して編集しています。<内容>1、水増し中国経済、成長率3.6%の衝撃2、シャドーバンキングという時限爆弾3、改革の抵抗勢力、国有企業の胸算用4、成長優先で「和諧」の夢が破れるとき5、経済弱体化で中国はますます危なくなる
続きはコチラ



危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪

危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)

「公式」はコチラから



危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)


>>>危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)を取り揃えています。危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)は270円で購入することができて、危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)を勧める理由


月額固定料金を支払うことで、様々な種類の書籍を何十冊でも閲覧できるという読み放題コースが電子書籍で注目を集めています。一冊単位で購入しなくても読めるのがメリットと言えます。
テレビで放映中のものをテレビ番組のスケジュール通りに見るというのは面倒ですが、無料アニメ動画として見られるものなら、各自の好きな時間に楽しむことが可能なのです。
電子書籍を買い求めるというのは、ネットを介して情報を取得するということを意味します。サービスが停止してしまうようなことがありますと利用できなくなりますから、間違いなく比較してから信用度の高いサイトを選択しましょう。
物語の世界にハマるというのは、ストレス解消に大変有効です。難解なストーリーよりも、無邪気で明るい雰囲気の無料アニメ動画の方が間違いなく実効性があります。
サービスの充実度は、各社それぞれです。そんな訳で、電子書籍を何所で買い求めるのかというのは、比較しなくてはいけないと言えるのではないでしょうか?簡単に決めるのは禁物です。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)の詳細
                   
作品名 危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)ジャンル 本・雑誌・コミック
危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)詳細 危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)(コチラクリック)
危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)価格(税込) 270円
獲得Tポイント 危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)